エフジューで行こう!!

平成のスーダラ節

40代が10代の頃好きだったミュージシャンを語る

中二の時、佐野元春にハマる

街のう・・・今ブログに歌詞を書いちゃいけないんでしたっけ?

ジャスラックに怒られちゃいますね。

僕は中学二年生の途中まで、いわゆる歌謡曲を良く聞いてました。

例えば、聖子ちゃんに明菜ちゃん、キョンキョンにトシちゃん、マッチ。

その他もろもろのアイドル達。

今でも時々耳にすると、なんだか胸がキュンとしますよね~。

そんなある日、小学生の時からRCサクセションを聞いていた強者の友達がいて、ひとつのカセットテープを渡されました。

「ミドカン~このカセット聞いてみなよ~。なかなか良い曲が入ってるぞ~」

そのカセットテープにはNO DAMAGEと書いてあり眼鏡をかけたおにいさんの写真が表紙にはってありました。

そう、それが佐野元春との出会いの瞬間でした。

家に帰ってラジカセにカセットテープを入れ再生ボタンを押しました。

1曲目、いきなりイントロでサックスの音色が飛び込んできました。

そうスターダストキッズです。一瞬にして心を鷲づかみされたのを昨日の事のように憶えてます。

うう~~ん最高!!

なんだこのポップなメロディーに、おしゃれな歌詞は!!

別に今まで聞いてきた歌謡曲を否定してる訳じゃないですが、当時の僕には衝撃的すぎて、完全にノックアウト状態でしたね~。

今までに色んなアーティストのアルバム買って聞いてきましたけど、NO DAMAGEが一番聞きまくったアルバムかもしれません。

 

それから僕は佐野元春のとりにになっていきました。